子供(小学生・中学生・高校生)が飲んでも大丈夫?

短鎖脂肪酸は脂肪細胞の脂肪吸収を抑え、食欲抑制、代謝UPなどダイエット効果が期待できる存在。

ママ、パパ自身の体型も気になりますが、お子様の肥満予防、腸活として短鎖脂肪酸を飲ませてみようかな?と思う親御様もいらっしゃると思います。

そこで、ビセラは子供(小学生・中学生・高校生)が飲んでも大丈夫なのか、調査しました。

ビセラの配合成分をチェック

ビセラは子供が飲んでも安全なのか、まずはビセラの成分をチェックしましょう。

【ビセラ原材料】食物繊維(有機アガベイヌリン)、乳酸菌(殺菌)(乳成分を含む)、乳酸菌生産物質(大豆、乳酸菌)(大豆成分を含む)、酪酸菌末(乳、大豆成分を含む)、乳酸菌プレミックス(乳酸菌29種)(乳成分を含む)、乳酸菌末(乳成分含む)、有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)、ガラクトオリゴ糖、デキストリン、マルトデキストリン/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、HPMC、増粘剤(ジェランガム)、微粒二酸化ケイ素

ビセラの原材料を見ると「水溶性食物繊維、乳酸菌、酪酸菌、オリゴ糖」が配合されているのがわかりますね^^逆に言うと、この4種だけです。

原材料を見る限り、ビセラはお子様が飲んでも問題がないサプリメントと言えそうです。

もちろん、ビセラを飲んで栄養素の吸収が阻害されるといったことはないので、安心してくださいね。

で腸内環境を整え、健康的な体質を目指すサプリメントとしてお飲みいただけます。

ビセラを子供が飲む場合はアレルギーに注意

ビセラは原材料に大豆、乳製品を含むので大豆と乳のアレルギーがあるお子様は絶対に避けてください。

また乳酸菌が豊富に配合されているので、下痢の症状が出てしまう可能性もあります。

この場合一度飲むのを中止するか1日に飲む量を減らして、様子を見てみてください。

子供がビセラを飲んで期待できる効果

ビセラは大人はもちろん、子供もぜひ飲みたいサプリメントです。

というのも、ビセラで整えられる「腸内フローラ」はワクチンや抗生物質に匹敵するほど体に重大な影響力があります。

子供の病気で見ると腸内環境はアレルギー、免疫力、自閉症、アトピー等などの病気に深くかかわっていることも研究により判明しています。

腸内フローラに菌種の変化や構成比率の変化といった異常が生じると、様々な病気の引きがねになってしまうんです。
子供には健康体でいたもらいたいですよね。しょっちゅう風邪をひく、アレルギー気味、お腹を壊しやすい…こんな場合は腸内環境を整えると症状が改善される可能性があります。

ヨーグルトなどの乳製品は胃酸で大半が死滅してしまい、腸内まで届きません。

ですが、ビセラは特殊カプセルで生の菌が腸内まで届くように工夫されているので、安心してくださいね。

お子様の場合は1日1粒から上げてみてください。毎日続けることが何よりも大切なので、一緒に飲んで週間づけてくださいね。

ビセラ公式サイトはこちら

ビセラの口コミ※効果なし・痩せないって本当?効果的な飲み方トップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です