アトピーの改善も期待できる?

ビセラで期待したい効果の1つにアトピー性皮膚炎の改善が挙げられると思います。

アトピーと腸内環境の因果関係は多くのの学術論文で示唆されています。

なので、ビセラで腸内を改善すればアトピーの辛い症状は改善される?と気になりますよね。

そこで、ここではビセラを飲めばアトピー性皮膚炎の症状は改善されるのか調査しました。

腸内環境とアトピー性皮膚炎の関係

まず、腸内環境とアトピー性皮膚炎はどのような関係があるのか確認していきましょう。

腸内には免疫細胞が70%ほど集まっています。その中でもアトピーに関係する免疫細胞が「T細胞」です。

T細胞は免疫細胞のマクロファージを活性化させる「Th1」と、炎症や免疫。アレルギーなど生体防御系に関係している「Th2」があります。

Th1細胞とTh2細胞は互いに抑制しながらバランスを取っていますがTh2が多くなるとアレルギー性疾患を発症してしまうことがあります。

では、なにが原因でTh2細胞が多くなってしまうか…というと「腸内環境の悪玉菌の増加」が原因です。

悪玉菌が多くなる原因はストレスや食生活の乱れ、便秘などなど。

では悪玉菌を減らすにはどうすればよいのかというと善玉菌を増やす(腸内細菌叢を整える)ということなんですね。

実際、腸内細菌叢のバランスが乱れるとアトピーが発症しやすくなるともいわれています。

アトピーを発症した人の腸内を調べると善玉菌よりも悪玉菌が優位な腸内環境であったという報告もあります。

つまり、アトピー性皮膚炎の改善には腸内環境を整えるのが鍵とも言えるんですね。

ビセラのアトピー性皮膚炎への効果は?

ではビセラを飲むと、腸内環境はどうなるのでしょうか?

ビセラの最大の特徴は「短鎖脂肪酸」が直接配合されていること。

短鎖脂肪酸は腸内を適度な酸性に保ち善玉菌を応援すると共に、悪玉菌をやっつける働きがあります。

その他、ビセラには体内フローラをサポ―トする善玉菌が1兆個配合されています。

つまり、直接善玉菌を増やすとともに、悪玉菌を減らしつつ善玉菌が増えやすい環境を整えてくれるのがビセラの最大の魅力とも言えそうです。

もちろん、腸内環境はストレスや食生活の影響も受けるのでビセラを飲めば100%確実に善玉菌が優位な状態にできる!とは言い切れません。

ですが、悪玉菌が増えにくい環境にしてくれるのは確実です。

アトピー性皮膚炎の症状が出ている人はスキンケアも欠かせませんが、それと同時に腸内環境に見直しも必要です。

実際に、腸内環境を改善するために乳酸菌サプリメントや善玉菌サプリを摂る方は多いです。

ビセラに関しては腸内まで届くサプリメントであること、そして短鎖脂肪酸が善玉菌を増やすだけではなく、ダイエット効果も期待できるので、アトピー性皮膚炎の改善&ダイエット効果のダブル効果が期待できます。

もしアトピー性皮膚炎に悩んでいるし、体型も気になる!なんてことがあれば乳酸菌サプリメントを飲むよりもビセラを飲んだほうが一石二鳥です。

ビセラはダイエット効果はもちろん、アトピーの症状改善も期待できるのでダイエットのために、そして健康のために飲みたい方にまさにピッタリです。

ビセラ公式サイトはこちら

ビセラの口コミ※効果なし・痩せないって本当?効果的な飲み方トップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です