妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?

体重管理をしたいのは、妊娠中のママ、授乳中のママでも同じだと思います。

妊娠中といえど、体重が増えすぎると「これ以上増やさないで」と言われてしまいますし、ホルモンの関係で便秘にもなりやすいですよね。

また産後はできるだけ早く体重を落としたいところ。

ただ、授乳中は赤ちゃんに母乳を飲ませているのでビセラを飲んでも赤ちゃんには影響ない?と安全性が気になります。

そこで、ビセラは妊娠中や授乳中のママが飲んでも大丈夫なのか、安全性を調査しました。

ビセラは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なの?

まず、ビセラのパッケージの裏を確認してみたところ…

ビセラの裏

「ご注意」のところに「疾病治療中の方、及び妊娠・授乳中の方は医師にご相談のうえご使用ください」と記載されていました。

つまり、販売会社側としては「絶対に飲まないでというわけではないけれど、担当医に確認してから飲んで欲しい」と言いたいことがくみ取れます。

ビセラの原材料の安全性は?

ではビセラの安全性はどうなのでしょうか?

ビセラの原材料は「食物繊維、乳酸菌、酪酸、オリゴ糖」がメインです。

これはもともと私たちの体内に存在している成分で、当然ながら妊婦さんや授乳中のママに毒になるような成分は入っていません。

ビセラの添加物であるHPMCはセルロースの変化した物質で、吸収される心配もなく、体には害はないとされています。

ビセラの原材料を見る限り、妊娠中のママや授乳中のママでも飲むことは自体は問題なさそうです。

ただ、ビセラは原材料に大豆を使用しているので大豆アレルギーがある方は妊娠中・授乳中に関わらず飲まないでください。

ビセラを妊婦さんや授乳中のママが飲むリスク

ビセラ自体は原材料を見る限り安全ですが、1つ注意があるとすれば「腸内に善玉菌が増えるので、中には下痢になってしまう人もいる」ということです。

この時期は体がデリケート。自分が想像してもいなかった反応が出てしまう可能性もあります。

例えば普段からお通じが良いママがビセラを飲んだ場合、善玉菌が増えすぎた事で逆にお腹のバランスが乱れて、お腹の調子が悪くなってしまう可能性があるということなんです。

なので、最終的には妊婦さんや授乳中のママが飲むかどうかは「自己責任」と言えそうです。

妊娠中・授乳中のママのダイエット方法

妊娠中や授乳中のママが体重を管理したいなら「妊娠中や授乳中のママ向け」のアイテムを使うのが1番の理想です。

特のこの時期におススメされているのが青汁です。

青汁は低カロリーでかつ食物繊維が豊富なのでお通じがよくなり、ママ向け青汁は余分な成分が一切配合されていません。

「ゆるやか習慣」は妊娠中や授乳中の体重管理で悩むママのために誕生した青汁です。

ノンカフェインで糖の吸収を抑えてくれるので、体重が気になるママはぜひチェックしてみてください。


ビセラの口コミ※効果なし・痩せないって本当?効果的な飲み方トップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です